女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの二つあります。女性ホルモンというのは、卵巣から分泌される2つのホルモンのことをいいます。妊娠のため、出産のために大事なのが、プロゲステロンで、女性の大量を整えるために大事なのがエストロゲンです。

髪の毛にはエストロゲンが関係している

kireikirei

女性ホルモンである、エストロゲンが髪の毛やお肌と関係しているホルモン。プロゲステロンは妊娠や出産のために大事な女性ホルモンです。髪の毛やお肌と関係している女性ホルモンのエストロゲンですが。20代が一番ピークなのです。

oi1 髪の毛やお肌の状態が一番ピークなのは20代

エストロゲンの分泌量が一番多い年代は20代です。20代が一番お肌や髪の毛状態がピークの状態です。30代を迎えるとエストロゲンの分泌量が急激に下がってきますので、お肌の状態、髪の毛の状態は悪くなる一方です。

関連記事 髪の毛と女性ホルモンの関係とは?年代別に分泌量と髪の毛の特徴

cheku 20代がピークだといっても薄毛が急増している

20代が一番エストロゲンの分泌量が多く、一番のピークで、髪の毛の状態が良いのですが、近年では、20代の女性が薄毛に悩まれている方が急増しています。なぜ、20代女子の薄毛が増えているのかというと、ストレス社会も関係していますが、過度がダイエットが主な原因といわれております。

関連記事 20代のおすすめな口コミで人気な女性育毛剤は?抜け毛の原因は?

エストロゲンの分泌量が減るといったどうなるのか?

po2 ヘアサイクルが変化する

エストロゲンの分泌量が減少すると、いったいどういった変化が起きるでしょうか?髪の毛の変化ですが、まず、ヘアサイクルが変化します。髪の毛が成長しきれずに抜け毛となる可能性が高くなります。

髪の毛の成長がストップするヘアサイクルの休止期の間に、抜け毛が増えてしまったりして薄毛が20代と比べると目立つようになってきます。

薄毛だけではなく、うねり、白髪、パサつきなども女性ホルモンが関係しているといわれ、30代を超えるとこのような老化現象が出てきます。

女性用育毛剤を使って頭皮のアンチエイジングを!

popo3 女性ホルモンの分泌量の減少は避けれない

30代を超えると、女性ホルモンの分泌量が激減しますので、お肌と髪の毛に変化が出てしまうのは仕方がないことです。こればかりは避けては通れません。アンチエイジングをすることが大事になってきます。

お肌のアンチエイジングばかりに気を取られてしまって、頭皮、髪の毛のアンチエイジングを忘れがちになります。女性用育毛剤を使ってアンチエイジングをすることで、髪の毛の老化を防ぐことができます。

お肌のアンチエイジングも大事ですが、髪の毛のアンチエイジングはもっと大事です。お肌の老化より、髪の毛の老化の方が老けて見られるといわれておりますので、頭皮のアンチエイジングをしていない方は、今すぐ始めていくようにしましょう!!

cheaka 頭皮のアンチエイジングに人気な女性用育毛剤ランキングを見る