女性ホルモンには肌や出産以外にも髪の毛にも関係があります。薄毛にはこの女性ホルモンが大きく関係しているのはご存知でしょうか?髪の毛にハリやコシといったのがなくなったや髪の毛が以前より細くなったというのは加齢が原因だけではなく、女性ホルモンも関係しているのです。

年代によってホルモンの分泌量も違ってくるので年代別分泌量もチェックしてみましょう。

 

女性ホルモンの分泌量は加齢とともに減少する

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。多くの女性を悩ますのがプロゲステロンです。肌荒れや胸が張ったりさせる要因のホルモンでもあります。一方髪の毛や肌に大事なのはエストロゲンです。

 30代を過ぎると一気にエストロゲンの分泌量が減少

sutorogen

グラフ通り30代を過ぎると少しずつ女性ホルモンの分泌量が減っていきます。40歳を迎えると更年期がやってきます。更年期に入ると一気にホルモンの分泌量が減少して肌や髪の毛に大きく影響が出てくるのです。つまり、ホルモンの分泌量が減ると同時に髪の毛の量や質に変化がおきます。

年代別ホルモンと髪の毛の関係

 20代の髪の毛

女性ホルモンの分泌量がピークとも言われている20代。20代は髪の毛はいい状態を保てている状態でもあります。ハリやコシといったのも良好。髪の毛ファッションを楽しむ年代でもあります。ですが、パーマやヘアカラーのし過ぎには注意しましょう。

 30代の髪の毛

30代に入ると少しずつ髪の毛に変化が起きます。具体的にどういった変化が起きるというと髪の毛にウエーブみたいにうねりが良く発生する事があります。水分が少なくなり頭皮が乾燥といった事も起きるのが30代の髪の毛の特徴です。

 40代以降の髪の毛

40代は更年期に入る年代であります。ホルモンの分泌量が一気に減るため髪の毛の生産量も減ってきて薄毛が目立ってくる年代でもあります。白髪も良く生えてくる年代でもあり少しずつ目立つようになります。ヘアサイクルも乱れ始めるので新しい髪の毛も生えにくくなります。

薄毛が目立つようになったら育毛剤の使用も視野に入れよう!

女性は男性と違い薄毛の原因も違います。女性の場合は遺伝の可能性が少ないので育毛剤を使用するだけで薄毛を改善する事が男性よりはるかに高いです。早ければ早い方がいいので少しでも薄毛を感じたら育毛剤や育毛シャンプーを視野に入れておくことにしましょう。