元気な髪の毛、きれいな髪の毛を作るために、大事なことはたくさんありますが、一つは髪の毛に大事な栄養素(食べ物)を摂ることです。育毛のため、髪の毛、美髪になるための食生活やおすすめな食材をご紹介していきます。

髪の毛に栄養素(食べ物)まとめ

chekukuro タンパク質

oniku

髪の毛の99%はタンパク質で構成されていますので、タンパク質は髪の毛を作るためには、一番大事な栄養素です。お肉、卵、魚、乳製品などの動物性タンパク質、大豆、ピーナッツなどの植物性タンパク質をバランスよく摂るのが秘訣。

両方働きは同じなのですが、動物性の方が吸収率は高いと言われております。植物性タンパク質は、血中のコレステロールを下げる働きがありますので、両方バランスよく摂っていくようにしましょう。

chekukuro ミネラル

wakame

誰でも、一度は耳にしたことがあるわかめを食べると髪の毛が生えてくるって噂。ミネラルの中でも、亜鉛が非常に髪の毛にとって非常に大事な栄養素です。銅、鉄分は髪の毛の質を守るために重要な栄養素なので、しっかり摂っていくようにしましょう。

toumeipo 亜鉛が不足するとどうなるの?

亜鉛が不足してしまうとどうなってしまうのでしょうか・亜鉛が不足してしまうと、毛母細胞の細胞分裂がうまくいかないようになります。簡単に言うと、髪の毛の生成はスムーズにいかなくなるということです。

chekukuro ビタミン

remon

髪の毛に1番大事なのは、タンパク質。そして、その次に大事なのが、ビタミン類です。ビタミン類はタンパク質の代謝を助ける効果があります。髪の毛の成長を促すのが、ビタミンB群。そして、ビタミンCはタンパク質の構成を促進させる効果があります。

頭皮の血行を良くすることは、育毛にとって大事なこと。ビタミンEは血行を良くする働きがありあます。ビタミンは育毛にとって必要不可欠な栄養素です。各ビタミンバランスよく摂っていくようにしましょう。

chekukuro 抗酸化成分

tomato

アンチエイジングのためにも積極的に摂りたい栄養素の一つが抗酸化成分。抗酸化成分には、生活習慣病、老化などの原因と言われている活性酸素を抑えてくれる効果があります。

抗酸化成分には、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、リコピンなどが有名な栄養素です。お肌と髪の毛のアンチエイジングのために、抗酸化成分を意識した食生活を送っていきましょう。

髪の毛に良い食事を摂り方も意識しよう!

髪の毛に良い食べ物を食べるのも大事ですが、摂り方にもポイントがいくつかありますので、ご紹介していきます。

chekukuro 旬な食べ物を食べる

1年に色々な野菜などの旬なシーズンがあります。旬な時って、いつも摂る栄養価より高くなっているのでです。味ももちろんおいしいですし、栄養価も高くなっているので、旬な野菜を積極的に食べるといいでしょう!

chekukuro ゆっくりよく噛んで食べる

早く食べる習慣はないでしょうか?早く食べてしまう習慣は薄毛の大敵と言われている、肥満の原因になると言われております。早く食べると満腹中枢が刺激される前に、口に食べ物を入れてしまうと、お腹一杯と分からない食べてしまいます。

実はもうお腹がいっぱいなのに、食べてしまう数十分後に苦しくなって後悔したことはありませんか?ゆっくり噛んで食べることは基本中の基本です。

chekukuro 寝る前に食べるのは控えよう

寝る前に何かを食べる=太る可能性が高くなります。夜はエネルギー消費は日中と比べるとかなり少ないです。夜に食べた分太ると思っておくといいでしょう。

寝る前に何かを食べる、胃が消化活動をする、体全体休むモードに入らない=睡眠の質が下がりますので、寝る前の食事は注意しましょう。

髪の毛に良い食べ物をバランスよく摂ろう!

髪の毛に良い食べ物は、意外とたくさんあります。タンパク質とビタミン類が髪の毛に大事な栄養素ですが、ミネラルや抗酸化成分も大事。

タンパク質とビタミンが大事だから、そればっかり食べるのもNGです。バランスよく摂るのが一番いいので、ビタミン、タンパク質、ミネラル、抗酸化成分をバランスよく取って、元気な髪の毛を作っていきましょう。