髪の毛が抜けてしまうまでの期間ってどれくらいの期間があるのでしょうか?髪の毛には寿命があります。いったいどれくらい髪の毛に寿命があるのかを解説していきます。

髪の毛の寿命は2年~6年

biyousi

mama 髪の毛はどこから生えてくる?

髪の毛というのは、頭皮から出ている部分をもう毛幹や頭皮の中に入っている部分である、毛根があります。髪の毛が製造されているのは、毛根部分です。毛根部分には、一番下に毛球があり、この毛球が髪の毛を生やす大事な役割です。

oi1 毛球が細胞分裂することで髪の毛が生える

毛球が細胞分裂をすることで、髪の毛が新しく生えたり、髪の毛が成長することになります。毛球の細胞分裂が止まってしまうと、髪の毛の成長が止まりますし、新しい髪の毛も生えてこなくなります。

po2 髪の毛の寿命は2年~6年

髪の毛の寿命は約2年~6年といわれております。毛球から生えてきた髪の毛が一生成長するわけではなく、寿命があります。2年~6年で抜けてヘアサイクルである、成長期を経て再び新しい髪の毛が生えてくるのです。

popo3 ヘアサイクルを理解しておきましょう!

ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期の三つがヘアサイクル。髪の毛の寿命は2年~6年ですので、2年~6年で古い髪の毛が抜ける(休止期)、新しい髪の毛が生えてくる、または成長する(成長期)このようなサイクルがヘアサイクルです。

1日にどれくらい髪の毛が抜ける?

1日に髪の毛ってどれくらい抜けているかって気になるますよね?1日に髪の毛が抜ける本数ですが。約100本と言われております。100本も抜けていたら、薄毛になってしまうのではないかと思われがちですが、髪の毛がなくならないのは、今生えている髪の毛の80%以上は、ヘアサイクルの成長期にできている髪の毛だからです。

このことから、こういったことが分かります。ヘアサイクルの成長期がストップしてしまうと、髪の毛が1日に100本抜けている、成長期がストップしているので、髪の毛が成長しない、本来な100本抜ける⇒成長期に100本生える。

ヘアサイクルの乱れによる成長期がストップすると、髪の毛が100本抜ける⇒髪の毛が生えてこない=ハゲになる!!

こういったことになりますので、ヘアサイクルがどれだけ大事かが分かると思います。

ヘアサイクルの乱れは育毛剤を使うと正常にすることができますので、育毛剤を使ってヘアサイクルを正常にしていきましょう。

女性の場合は女性育毛剤を使って、ヘアサイクルを戻してあげるだけで、薄毛の回復が早いといわれておりますので、薄毛に悩んでいる女性は育毛剤を使ってみてくださいね。

grenhato 今売れている女性用育毛剤口コミ人気ランキングを見る