お酒は適量なら体に良いと前々から言われております。飲み過ぎは絶対によくありません。適量ですと、ストレス発散効果や動脈硬化を防ぐ効果や善玉コレステロールを上昇させる効果がるので適量なら体に良いといわれております。

お酒を飲み過ぎるといったいなぜ薄毛になるの?

kanpai

tytyt 頭皮の雑菌を増やしてしまう可能性がある

お酒を飲むと、汗をいつも以上にかくことってありませんか?個人差はあると思いますが、アルコールには利尿作用の他に発汗作用があります。頭皮から出た汗が皮脂と混ざってしまい毛穴に詰まってしまうこともありますし、菌が繁殖してしまうこともあります。頭皮を清潔にすることを心掛けましょう。

tytyt アルコールを分解する時髪の大事な栄養素アミノ酸が消費される

髪の毛に大事な栄養素であるアミノ酸ですが、アルコールを分解する際に消費されるのです。しかも大量にです…L-システインと呼ばれるアミノ酸がアルコールを分解する際に大量に消費されるのですが、このL-システインは髪の毛にとって非常に大事なアミノ酸なのです。

tytyt アミノ酸だけではなく、ビタミン群も消費される

アルコールを分解する際にアミノ酸だけ大量に消費されるのではなく、ビタミン群も大量に消費されます。育毛にとって、ビタミンB2やB6が非常に大事になります。これらのビタミン群が本来髪の毛に回るはずだったのに、アルコールの分解に消費されるため、頭皮に回らないようになるのです。

tytyt 睡眠の質が低下する

アルコールを飲むとぐっすり寝れるとよく勘違いしている方が多いですが、確かに寝つきがよくなりますが、ぐっすり寝た感じや寝起きはどうでしょうか?すっきりしているでしょうか?アルコールは睡眠の質を下げると前々からいわれいる事ですし、利尿作用もありますので、夜中に途中でトイレに起きてしまうこともありますので、睡眠の妨げになります。

適量のお酒ってどれくらい?

適量のお酒っていったいどれくらいでしょうか?大体ですが、日本酒なら1合ぐらいがベストですし、ビールですと缶ビール1本ぐらいが適量でしょう。

お酒の中でも赤ワインが体にいいといわれております。なぜかとうと、健康維持などに効果があるといわれているポリフェノールが入っているからです。赤ワインが体に良いからといっても適量を守りましょう!

赤ワインは大体グラス2杯程度が適量です。飲み過ぎは病気の元にもなりますし、育毛の妨げになりますので、注意していきましょう。