紫外線といえば肌老化の原因としてほとんどの方が対策をしていると思います。紫外線の量は5月~8月がピークでこの期間は絶対といっていいほど対策は必須になります。では、紫外線によって髪の毛や頭皮にダメージがあるとはどういったものなのかを見ていきましょう。

紫外線による頭皮のダメージについて

taiyou

夏に紫外線対策をして頭皮の乾燥対策をしようの記事でも書いていますが、肌が日焼けするのと同じく髪の毛や頭皮も同じく日焼けをしてしまいます。日焼けをする=乾燥ということですね。日焼けといえば肌の色が黒くなったりする事をイメージとしてありますが色が変化するだけではないのです。

日焼け=炎症

海水浴にいって日焼けをして背中や顔の皮膚の皮が剥けるなんてことは、今までなかったでしょうか?一度は経験をしたことがあると思います。これは日焼けをして乾燥しているだけではなく炎症も一緒に起きているからなのです。では、これを頭皮に置き換えるとどうなるでしょう?

もちろん、顔の皮膚のが剥けるということなのですから、頭皮が日焼けして頭皮の皮膚の皮が剥ける=髪の毛も一緒に抜けてしまうということになってします。あぁ!納得!って感じですね。笑また、日焼けによって毛母細胞のダメージもありますので、抜け毛の原因になります。

紫外線による髪の毛のダメージについて

では、頭皮に続いて髪の毛へのダメージについてみていきましょう。紫外線にあたりすぎると髪の毛がばっさばさ…になった経験はございませんでしょうか?紫外線によって髪の毛の表面のキューティクルが剥がれてしまうことがあるのです。

キューティクルは髪の毛の水分を保つために大事なものです。キューティクルが剥がれてしまうと水分を当然失ってしまいますので、枝毛になったり、痛んだ髪の毛(ばさばさ状態)になってしまうのです。痛んだ髪の毛になるとブラッシングをしただけで髪の毛が切れてしまったりします。

それだけ、紫外線は怖いというものなのですね…5月~8月がピークなのです、毎シーズンありますので毎シーズン対策をするのが、オススメです。日傘や通気性の良い帽子などで対策をしましょう。

ダメージを受けた後はしっかり頭皮ケア

完璧に対策をしたとしてもダメージ0を抑えるというのは中々難しいものです。そのために、しっかりアフターケアをする必要があります。水分補給ができるシャンプーやトリートメントを使って紫外線によって傷んだ髪の毛を潤してケアする。

頭皮が日焼けをして乾燥しているのを、保湿効果の高い育毛剤でケアするなどなどです。もちろん、頭皮や髪の毛以外に、肌のスキンケアはもちろんですね。何もケアして上げないのは肌や頭皮にもストレスが貯まってしまうことになりますので、外に出たらしっかりケアをしてあげましょう。

ケアをしないとしているとは年を重ねた後、天と地の差ぐらい差が出てきますので、何もケアしないのではなく、ケアが面倒でもコツコツしてあげて下さいね♪

yazirusi 女性育毛剤ランキングを見てみるはこちらから