髪の毛を洗った後長時間濡れたままにしている事ってよくあると思います。ですが、濡れたままにする実は髪の毛にダメージを与えてしまう要因になりますし、薄毛の要因にもなってしまうのです。なぜ、濡れたままにするよくないのか?正しい髪の毛の乾かし方(ドライ)方法について見ていきましょう。

濡れたままにするとキューティクルが開いたままになる

シャンプーをした後髪の毛を濡れたままの状態だと、頭皮環境を乱す原因の一つでもあります。頭皮には皮膚常在菌という菌があります。濡れたまま放置しているとその菌が増える事もあります。つまり濡れたままだと菌の増殖や活動を高めてしまということです。

髪の毛の表面にはキューティクルがあります。濡れたままだとキューティクルが開いた状態のままになるので髪にダメージを与えているということになります。

タオルドライ後自然乾燥をしている人は要注意??

多いのが洗髪後にタオルドライしてそのままタオルを巻いて自然乾燥するという人がいます。私もたまに面倒でこういう事をしてしまいますが、なるべくしないようには心掛けています。タオルを巻いている人は特に要注意が必要。菌を増殖させてしまう要因ですし、髪の毛のダメージに繋がります。

夏場は特に要注意!汗と皮脂が混ざって菌が増え嫌な匂いに!!

正しいドライ方法を身に着けよう!

美容院等でシャンプー後に髪の毛を乾かしてもらいますが、ドライ方法を思い出してみて下さい。美容師さんは正しいドライ方法をしているのでそれをマネすればいいのです。髪の毛を乾かす事で大事なのは2つありますので、ご紹介いたします。

check タオルドライは優しくふき取る

ドライヤーをする前にしっかりタオルドライをする事でドライヤーを使う時間を短くする事ができます。また、ゴシゴシタオルドライをするのではなく優しくふき取りましょう。ポンポンと優しく叩いて拭き取るのが理想的です。ゴシゴシはキューティクルに傷がつくのでなるべくやらないように!

check ドライヤーは髪の毛を乾かすのではなく頭皮を乾かすイメージを!!

もちろん髪の毛は乾かすのですが、イメージとしては頭皮を乾かす感じでするのがOKです。髪の毛の根本(頭皮)は乾きにくいので髪の毛を上げて頭皮を乾かしましょう。ドライヤーに付属されているノズルを使って余計な部分にドライヤーをあてないようにするのもポイントの一つです。

check 温風と冷風を交互に使うと髪の毛がまとまりやすくなります。

check ドライヤーをした後は冷風で頭皮の熱を冷ましてあげましょう!