ヘアスタイルを変えるのは女性にとって必要不可欠な事ですね。パーマ、ヘアカラーを一度は経験した事があるはずだと思います。ですが、ヘアカラーやパーマをする事は頭皮&髪の毛に負担は0にする事はできません。今回はダメージ別ランキングを作ってみましたので、参考にしてくださいね♪

頭皮&髪の毛ダメージランキング

1i 縮毛矯正

yababa1位にダメージが大きいのは縮毛矯正なのです。縮毛矯正をした事がある方はご存知だと思いますが矯正した後は、ストレートの髪の毛でいい感じになっていますが、何回も繰り返し行っていると、髪の毛が枝毛になったり、ちょっとブラッシングをしただけで髪の毛が千切れるなんて事があります。

縮毛矯正はストレートパーマとは違った強い薬剤を使用して、ヘアアイロンで熱を加えますので、髪の毛にダメージは最強といっていいでしょう。そして、強い薬剤が頭皮につきますので、頭皮のダメージももちろん大です。くせ毛は気になりますが、やりすぎには注意しましょう。

2i ブリーチ

ga-n ブリーチは髪の毛の色を抜くときに使用します。ヘアカラーとブリーチを一緒と思っている方もいると思いますが、違うのですね。ヘアカラーは染めるで、ブリーチは色を抜くです。髪の毛の色を作るための色素である、メラニン色素を脱色する事をいいます。

1位の縮毛矯正と同じぐらい頭皮&髪の毛に負担がかかってしまいます。自分でブリーチをする時は特に頭皮に薬剤がついてしまいがちになりますので、ほどほどにしておくようにしましょう。

3i ヘアカラー&パーマ

続いて3位の頭皮への負担がかかってしまうのがヘアカラーとパーマです。ヘアカラーは最近頭皮や髪の毛に負担が少ないように作られている製品が多くなってきております。コストは少し高め。パーマですが、まず一度髪の毛のキューティクルをはがしてから巻いて次に違う薬剤で再結合させます。縮毛矯正よりは負担は少ないですが、負担があるのには変わりはありませんので、ほどほどに!

頭皮に一番負担がかからないのは?

番外で、頭皮に一番負担がかからないのはいったい何でしょうか?負担は少しありますが、一番少ないと言われているのは、ヘアマネキュアです。ヘアマネキュアは、髪の毛の表面であるキューティクルに薬剤がつくだけですので、頭皮の負担は比較的少ないです。

表面だけについているだけですので、ヘアカラーに比べるとすぐに色落ちがありますので、落ちたら再び薬剤を付ける必要があります。最近は長持ちするヘアマネキュアを出ていますし、ヘアカラーも頭皮の負担が少なくするものも出ているのでそれを使うと良いでしょう♪

ダメージ0に抑える事は、難しいので、ヘアカラーやパーマする事は頭皮&髪の毛にダメージ与える前提でしていると思っておくように!大事なのは頻度を調節する事です。できれば、数カ月1度程度を目安にヘアスタイルを変えていくようにしましょう。