頭皮や髪の毛に負担がかかるパーマやヘアカラーランキング一覧

頭皮にダメージ与えるランキング

ヘアスタイルを変えるのは女性にとって必要不可欠な事ですね。パーマ、ヘアカラーを一度は経験した事があるはずだと思います。ヘアカラーやパーマをする=頭皮や髪の毛に負担をかけてしまうもの…

今回はダメージ別ランキングを作ってみましたので、参考にしてください。

頭皮&髪の毛ダメージランキング

1位 縮毛矯正

1位にダメージが大きいのは縮毛矯正です。縮毛矯正をした事がある方は、経験したことがあると思いますが、縮毛矯正後1ヶ月〜3ヶ月後髪の毛が、ちぎれたりしたことはありませんか?

縮毛矯正を何度も繰り返していると、頻繁に枝毛が目立つようにもなります。

縮毛矯正は、ストレートパーマとは違った強い薬剤を使用して、ヘアアイロンで熱を加えますので、髪の毛にダメージは最強といっていいでしょう。

そして、強い薬剤が頭皮につきますので、頭皮のダメージももちろん大です。くせ毛は気になりますが、やりすぎには注意しましょう。

2位 ブリーチ

ブリーチは髪の毛の色を抜くときに使用します。ヘアカラーとブリーチを一緒と思っている方もいると思いますが、違うのですね。ヘアカラーは染めるで、ブリーチは色を抜くです。髪の毛の色を作るための色素である、メラニン色素を脱色する事をいいます。

1位の縮毛矯正と同じぐらい頭皮&髪の毛に負担がかかってしまいます。自分でブリーチをする時は特に頭皮に薬剤がついてしまいがちになりますので、ほどほどにしておくようにしましょう。

3位 ヘアカラー&パーマ

続いて3位の頭皮への負担がかかってしまうのがヘアカラーとパーマです。ヘアカラーは最近頭皮や髪の毛に負担が少ないように作られている製品が多くなってきております。

コストは少し高め。パーマですが、まず一度髪の毛のキューティクルをはがしてから巻いて次に違う薬剤で再結合させます。縮毛矯正よりは負担は少ないですが、負担があるのには変わりはありませんので、ほどほどに!

頭皮に一番負担がかからないのは?

番外で、頭皮に一番負担がかからないのはいったい何でしょうか?負担は少しありますが、一番少ないと言われているのは、ヘアマネキュアです。

ヘアマネキュアは、髪の毛の表面であるキューティクルに薬剤がつくだけですので、頭皮の負担は比較的少ないです。

表面だけについているだけですので、ヘアカラーに比べるとすぐに色落ちがありますので、落ちたら再び薬剤を付ける必要があります。

最近は長持ちするヘアマネキュアを出ていますし、ヘアカラーも頭皮の負担が少なくするものも出ているのでそれを使うと良いでしょう♪

ダメージ0に抑える事は、難しいので、ヘアカラーやパーマする事は頭皮&髪の毛にダメージ与える前提でしていると思っておくように!

大事なのは頻度を調節する事です。できれば、数カ月1度程度を目安にヘアスタイルを変えていくようにしましょう。

パーマやヘアカラー(毛染め)を頻繁にすると頭皮や髪の毛に大ダメージ!

パーマやヘアカラーは、「頭皮、髪の毛にダメージが大」です。

なぜ、ヘアカラーやパーマが「頭皮や髪の毛にダメージがあるのか?」を、簡単に解説していきます。

なぜ、パーマやヘアカラーはダメージがあるのか?

簡単にひとことで言ってしまうと、「ヘアカラーやパーマは髪の毛の構造」を変えるからです。

ヘアカラー剤やパーマ剤の匂いを嗅ぐだけで分かると思いますが、決していい匂いではないですよね…

中には「あの匂いが好き」という方もいると思いますが、ほとんどの人は、いい匂いと感じてはいないはずだと思います。

あの匂いの薬剤が髪の毛についていると想像するだけで髪の毛や頭皮が痛むと分かると思います。

具体的に、「ヘアカラーやパーマ剤が良くないのか?」を解説していきたいと思います。

ヘアカラー(毛染め)編

ヘアカラーは、「髪の毛の表皮と呼ばれているキューティクル」の間に薬剤をいれて、「毛皮質のメラニン色素を脱色」、「染色」する事です。

特にブリーチヘアカラーは、脱色力が強く、髪の毛を明るくするので、頭皮と髪の毛に与えるダメージは、かなり大きいです。

髪の毛の細胞を壊していると言ってもいいでしょう!2~3ヶ月に一度ぐらいがちょうどいいと思います。

ちょっと頭プリンになってきたからといって、毎月ヘアカラーをするのは控えるように!

パーマ編

パーマの基本は2液式という方法で1液(アルカリ性やアンモニウムなど)で、髪の毛のキューティクルをはがして内部のシスティン結合を切断し、ロッドで強く髪の毛を巻きます。

次に、2液(臭素酸ナトリウムなど)で髪の毛がくねった状態で再び1液で切断されたシスティンを結合します。

これだけみたら分かると思いますが、髪の毛に大事なキューティクルも外しますし、内部の繊維も切断してまた結合させるのです。

パーマのダメージは髪の毛の太さによって変わるとも言われております。太い人はダメージが少ない細い人は大ダメージといったところです。

POINT! 細い人は特にダメージがあるので回数は減らすように心がけよう!!

最終的にはすべて蓄積されてくる

頻繁にやらなければ髪の毛や頭皮にダメージを受ける事が少なくなりますが、これが10年、20年と続けてくるとダメージは蓄積されて薄毛といった症状が起きる可能性がでてくるのです。

パーマやヘアカラーが100%薄毛の原因ではありませんが、原因の一つとも言われているのです。

大事なのは頻繁にしなくてすればするほど蓄積されていくダメージを減らす事。または頭皮や髪の毛に負担がかからないヘアカラー剤やパーマ剤でする事です。

今は美容院でも頭皮や髪の毛に負担がかからないヘアカラーやパーマ方法があるので少し高めですが、利用するのもありでしょう。

大事なのはダメージを与えすぎない事です。ヘアカラー等をした後のアフターケアをする事ももちろん大事なので頭に入れておきましょう。

女性用育毛剤を使って頭皮の保湿をしっかりして、アフターケアをしていきましょう。