髪の毛は女性にとって本当に大事なのもの。薄毛になってくるとしたいヘアスタイルもできなくなりますし、恥ずかしい一面もあります。原因っていったい何があるでしょうか?主にこの記事に書いている6つの要因によって薄毛が進行します。

6つをしっかり理解してそれぞれ少しずつ改善する事も立派な育毛なので一つずつゆっくり改善していきましょう。

 

加齢によるヘアサイクルの乱れ

加齢は避けれないものであります。髪の毛を作るために大事なヘアサイクルという周期があります。ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期というのがあります。髪の毛を作る周期は成長期なのですが、加齢によりこの成長期が短くなるのです。育毛剤でヘアサイクルを元に戻す事ができます。

ホルモンバランスの乱れから起きる薄毛促進

女性ホルモンは実は簡単に乱れる事があります。例えば月経時なんかも乱れやすい傾向があります。そして、薄毛の要因加齢ですが、更年期に差し掛かってくると女性ホルモンがいきなり減少するといった事が起きます。減少する事により乱れも起きます。髪の毛が細くなるのは女性ホルモンが少なくなっているからなのです。

ストレスによるホルモンバランスや血行不良

ストレスは色々なところで発生します。仕事や育児や人間関係様々なものがあります。ストレスはお肌の敵とも言われておりますし、髪の毛にも影響がでてきます。他にも便秘になるや血液循環に悪影響も与える事もあります。当然血行不良が起きると薄毛を進行させることにもなります。

間違った頭皮ケアや頭皮トラブル

髪の毛にあっていないシャンプー等のヘアケア用品を使っていると頭皮トラブルが起きます。また、ヘアカラーやパーマ剤による頭皮トラブルもあるのでやりすぎには注意が必要です。自分に合わないと感じたらすぐに辞める事にしましょう。

食生活や生活習慣の乱れ

暴飲暴食や偏った食生活。運動不足や不規則や生活習慣をしていないでしょうか?この二つは薄毛を進行させる以外にも肌荒れ等の原因の一つでもあります。また、喫煙等による血行不良も薄毛を進行させる要因の一つでもあります。

食事制限等による過激なダイエット

女性はダイエットはつきものみたいになっていますが、適度な運動をして正しいダイエット方法を実践されている方は問題はないのですが、食事を一気に減らすダイエットをしている方は危険です。髪の毛に大事な栄養素が全体に行き渡らなくなります。

加齢は改善する事は難しいですが、他の事は改善をする事は可能です。女性育毛剤を使用していても他の育毛習慣を乱れていては中々効果を感じる事は難しいです。こういった内側の育毛も大事なので育毛剤を使用しながら内側もしっかり整えていきましょうね♪