ちょっと前から湯シャンというシャンプーの方法を耳にしますが、いったいどんなやり方でどんな効果があるのでしょうか?湯シャンの効果は主に薄毛対策ですが、髪の毛のハリやコシにも効果があるといわれておりますので、男性だけではなく、女性ももちろん効果があります。

シャンプーのしすぎで皮脂を取りすぎてしまっている?

頭皮の皮脂ですが、たくさんありすぎると匂いが発生してしまったり、髪の毛がべたつく原因だたとほとんどの方がイメージとしてあると思います。ですが、皮脂は髪の毛を保護してくれる働きがあるみたいですので、取りすぎは逆によくないみたいなのです。

男性の場合、女性と比べると皮脂の分泌量が多いので、多少ちょっと取りすぎても大丈夫みたいですが、女性は取りすぎはよくないみたいです。髪の毛がべたつくからごしごしシャンプーをしている方も案外多いのではないでしょうか?逆効果になる場合もあって、皮脂を取りすぎてしまうと、皮脂の分泌がいつも以上に多くなる場合もあるみたいですので、取りすぎは注意しましょう。

皮脂はぬるま湯だけで落ちる?

みなさん気になる皮脂ですが、実は!!ぬるま湯だけで十分落ちるみたいなんです!シャンプーをしないと髪の毛を洗った気がしない…皮脂や汚れが取れた感じがしないって方がほとんどだと思いますが、ぬるま湯だけでも十分落ちるみたいなのです!

シャンプーでゴシゴシ洗う=皮脂を取りすぎてしまっている可能性があるということですね。もしかしたら、髪の毛にハリコシがなくなってきた、いつもべたつくという方は皮脂を取りすぎてしまっているしれません。では、湯シャンのやり方についてご紹介しましょう。

湯シャンのやり方は実に簡単

tytyt シャンプー前にブラッシングを!

tytyt 35℃~38℃ぐらいのお湯で頭皮と髪の毛を洗う

tytytドライヤーで髪の毛を乾かす ※ 冷風がおすすめ

通常のシャンプー方法とあまり変わりありませんが、基本はこの3ステップです。気を付けたいポイントは熱すぎないお湯で洗うことです。お湯の温度が高いと皮脂を落ち過ぎるみたいですので、35℃ぐらいが一番ベストみたいです。

後気になることといえば、ごれぐらいの頻度で湯シャンをすればいいのですよね!お湯だけでシャンプーをしているとなんか匂いが発生しそう…いつものシャンプーの香りがしない…などなどあると思います。頻度についてですが、1日おきとかでも十分効果があるようです。

1日おきとかじゃなくても休みの日だけ、週末だけとかでも効果があるみたいですので、今日は明日休みだから頭皮も休ませてあげようみたいな感じで湯シャンをするのはどうでしょうか?湯シャンをして髪の毛が改善されたってよく耳にしますので、湯シャンにぜひ挑戦してみてくださいね。